視力0.2からの回復センター

視力0.2というと、学校検眼ではD判定になります。強度の近視というほどではないので、視力をアップできる可能性はあります。

サイトトップ > 免許証更新の視力〜自動車の視力検査

免許証更新の視力〜自動車の視力検査

免許証更新の視力は0.7が必要です。
ただし、これは両目の視力です。片目の視力は、それぞれが視力0.3以上であることが条件です。

免許証更新の視力は、べつに両目である必要はありません。
もし片目が見えなかったり、極端に目が悪いがちゃ目(不同視)であっても、もう片方が機能していれば、運転免許更新の視力検診は合格します。

片目がたとえ視力0.2だとしても、もう片方の視力が0.7以上であり、かつ片目の左右の視野が150度以上であれば、免許証更新の視力検査は通過します。

しかし、これは実は危険なことだと感じます。
運転中、片目で見るということは、遠近感がないわけですし、そうなると車間距離に問題が出てきます。とっさのときに対処できるのでしょうか?また片目の視野が左右で150℃以上といっても、両目よりは格段に視野がせばまります。運転中の目の疲れもあるでしょうし、安全運転とは言いがたいと思います。

さて現在片目が視力0.2の人は、もう少し視力をアップさせれば、免許証更新の視力検査に通過できます。そこで、メガネやコンタクトレンズを装用したりするわけですね。

そのほかエキシマレーザーを角膜表面に照射するレーシック手術もあります。しかし免許証更新のためだけにレーシック手術やPRK手術、ラセックなどの視力回復手術を受けるのも、気が引けるでしょう。

免許証更新の視力検査の前に、視力回復のツボを指圧すると、目の血行がよくなり、視界が明るくなります。一時的に視力がupするのです。これと同じことは、強いまばたきでも実現できます。5回連続で強いまばたきをすると、せき止められていた血液が一気に目の中に流れ込み、毛様体筋がリラックス。そのため水晶体が薄くなり、遠くを見ることができるようになります。ただし、これは応急処置です。

免許証更新の視力検査とは、運転に支障がない目かどうかをテストするためのものであり、一時的に向上させた視力で通過しても、本当は意味がありません。

そこでおすすめは、あなたの眼の筋肉を鍛えることによって、本当に視力を改善する方法です。いわゆる視力回復トレーニングです。あなたは免許証更新の視力検査をひかえている今だけではなく、ふだんでも、視力が出ないことで不自由を感じているはずです。

たとえば映画の字幕が見えない、学生さんだったら学校の黒板の文字がぼやけて見えない、などなど。向こうから歩いてくる人の顔もよく見えないため、失礼なことになっているかもしれませんね。

免許証更新の視力検査も大事ですが、あなたの日常生活全体を快適にするためには、速読法を基調とした近視の視力アップトレーニングの方法が役立ちます。わからないことがあれば、メールで質問ができるので、孤独な視力訓練にならずにすみます。

視力0.2の回復法一覧