視力0.2からの回復センター

視力0.2というと、学校検眼ではD判定になります。強度の近視というほどではないので、視力をアップできる可能性はあります。

視力0.2を回復させる方法を解説!

視力0.2からの回復センターでは、視力0.2の眼をいかに回復させるかをテーマに解説しています。

視力0.2というと、かなり目が悪い部類にはいります。といっても視力0.01レベルの極度の近視というほどではありません。学校の視力検査(学校検眼)では、もっとも下のD評価になります。D判定は視力0.2や0.1です。

幼稚園児や小学生の子供の場合は、視力0.2まで急激に視力低下していきます。子供の視力が下がるスピードは、大人の3倍以上なのです。子供の場合は、遠視や乱視、心因性視力障害など、さまざまな原因が考えられるので、まずは眼科を受診することが大切です。遠視の場合は、弱視の可能性があるので、早急な対処が不可欠です。

しかし大人でも、短期間に目を酷使すれば、視力の減退はあっという間です。入社前は視力1.2であっても、パソコン作業をはじめて1年後には視力0.2ということもありえるのです。

視力0.2という目は微妙な位置にいます。
そのまま近眼を放置すれば、すぐに視力0.1以下になるでしょう。その反対に、心機一転し、近視の視力回復訓練に励めば、視力1.0くらいまで視力向上する可能性もあります。

もちろん視力0.2の場合、眼科の視力矯正法も適用できます。メガネレンズもそれほど厚くなりませんし、コンタクトレンズも装用できます。メガネは、遠くが見づらいときだけ装着し、そのほかのときは外すようにすると、近視の進行を抑えることができます。ただし見づらいのに、眼鏡なしで見ようと凝視すると、反対に視力が下がることになります。レーザーを照射するイントラレーシック手術をうけても視力改善します。

ただし視力0.2は、前述したように十分に視力1.0に改善する可能性を秘めている段階ですから、視力回復手術は、十分によく考えて検討することが大切です。

視力0.2というと、自動車の運転免許更新の視力検査ではパスできません。運転免許の視力検査で合格するには、片目で視力0.3が必要だからです。両目で視力0.7です。

視力0.2の眼は、なんとか生活できてしまいますし、手もとの文字もはっきり見えます。そのため、そのまま放置してしまいがちです。しかし確実に視力は悪くなります。手もとが裸眼で見えるのは、視力0.1までです。視力0.1以下になると、すれ違う人の顔もよく見えないレベルになります。

視力0.2からの回復センターが、皆様のぼやけた視界をクリアにし、視力をアップさせるお手伝いができれば幸いです。
>> 視力0.2の目が良くなる方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力の改善サイト・・・最近、視力の低下がふえています。 メガネの度数について 目を鍛える方法のポイント・・・目には筋肉がたくさんあります。 目の運動法を解説しているサイト 視力改善の方法とは?・・・遠くを見るのがいいって聞くけれど・・・。 視力が0.3になる方法とは?

視力0.2から近視改善するための方法